メリットを見極める

コピー機のレンタルサービスを活用するに際しては、さまざまな角度からそのメリットを見極め、新品あるいは中古品の購入と冷静に比較検討から、確実にニーズを満たし、中長期的な事業計画にも沿っているとの判断が求められます。

コピー機レンタルのメリットとして誰もがお気づきのポイントはやはり、初期投資を大きく抑えられる点に他なりません。業務用のコピー機の購入となれば、最低限でも相応の費用負担が避けられません。対してレンタルの場合、契約内容によって利用料金の算出法こそ異なりますが、月々分割での負担となり、費用面の試算にも窮する事はありません。更には契約期間修了時に、必要に応じて機種変更も可能です。その時点で不要と判断される機能が多く搭載されていれば、よりシンプルでレンタル料金の安価な機種への変更、あるいはその逆の対応を通じ、ニーズにジャストフィットなコピー機の確保に繋げられます。

また担当者との定期的なコミュニケーションを通じ、確かな相互信頼関係とパイプを構築しておけば、緊急時の速やかなフォローにも不安は見当りません。レンタルすなわち「借りている」状態だからこその、業者側との密な距離感もまた、このスタイルならではの間接的なメリットです。

レンタルという選択肢

コピー機に限らず、あらゆる事務機器や更には家電などにも共通するのが、一旦購入からメーカー保証期限を越えれば、その後に生じたトラブル対処やメンテナンスは、原則全て自己負担となってしまう現実です。家電量販店などではプラスアルファの独自のより中長期的な保証を準備するなど、このリスクに対処するサービスを実施していますが、それでも自己所有品である以上、自己負担での修理維持は見過ごせません

事業所として先行投資から酷使が避けられぬ、たとえばコピー機を始めとする事務機器の場合、保証期間が切れた後のトラブル発生のリスクは当然、一般家庭の家電製品の比ではありません。更には次々と新発売される新機種に搭載される、より優れた機能も見過ごせず、旧式の自社所有のコピー機では十分な対応が難しい業務が、近未来に発生するとも限りません。臨機応変かつ適材適所の事務機器調達法としては、購入という方法は、時に必ずしもベストとは言えない可能性が否めません。

グッドこうした中長期的な事業展開とリスク回避の双方を視野に入れる時、自ずと浮上するのがレンタルサービスの活用という選択肢です。その時々に必要とされる機能を備えた機種を選択からの常備が叶う、何より初期投資額が抑えられるなどのメリットは、営利目的で稼働する施設にとって大きな魅力です。

メリットを見極める

コピー機確保の方法

今日幅広いジャンルで人気を博するレンタルサービスですが、それぞれの使用目的や期間によって、レンタルがベストな場合もあれば、むしろ先行投資的に購入から自己所有もしくは自社保有品とした方がベターな場合などさまざまです。コピー機専門サイト「OAランド」のQ&Aにも記載されていましたが、短期間の使用であればレンタルが得ですが、リースなどの場合は短期に向いていないようです。コピー機の利用期間によって変わるので、そこを見据えてどの方法が最適なのか判断することが大事なようです。

短期間だけコピー機を使いたい場合はリースかレンタルかどちらがおすすめですか?

短期的に業務用のコピー機を設置したい場合、レンタルの方がオトクに使えるケースが多い。逆にリースは短期的な利用には向いておらず、3年以上利用する場合に用いられる手段じゃ。

また日々進化や変化の加速度が増す一方の昨今、ジャンルを問わず日々続々と新製品が登場し、各々の分野で求められる性能のボトムもまた底上げ状態が続いています。大枚を叩いて当時最コピー機新かつ最上級の機材を調達したとしても、数年後には要求に応えられない、自社にとって必要な作業が遂行出来ないとなれば、それは無用の長物以外の何物でもありません。こうした時代とニーズと市場の変化を視野に入れ、中長期的な事業計画に沿った機材の調達が重要です

ここではそうした現在から未来を見据え、コピー機のレンタルサービスを活用からの調達という選択肢にスポットを当て、そのメリットを多角的な視点から掘り下げてみたいと思います。レンタルサービスといえば手軽簡単な印象ですが、実際の活用に際しては、時に熟考や十分な討議が必要な場面も少なくありません。今日数多くのエンドユーザーを抱えるコピー機のレンタルサービスにも、利用者の数だけそれぞれの利点や注意点が存在していて当然です。あくまで業務上重要なアイテムの調達法として、レンタルサービスを活用されるに際し、ぜひ最後までご一読ください。

レンタルという選択肢