レンタルという選択肢

コピー機に限らず、あらゆる事務機器や更には家電などにも共通するのが、一旦購入からメーカー保証期限を越えれば、その後に生じたトラブル対処やメンテナンスは、原則全て自己負担となってしまう現実です。家電量販店などではプラスアルファの独自のより中長期的な保証を準備するなど、このリスクに対処するサービスを実施していますが、それでも自己所有品である以上、自己負担での修理維持は見過ごせません

事業所として先行投資から酷使が避けられぬ、たとえばコピー機を始めとする事務機器の場合、保証期間が切れた後のトラブル発生のリスクは当然、一般家庭の家電製品の比ではありません。更には次々と新発売される新機種に搭載される、より優れた機能も見過ごせず、旧式の自社所有のコピー機では十分な対応が難しい業務が、近未来に発生するとも限りません。臨機応変かつ適材適所の事務機器調達法としては、購入という方法は、時に必ずしもベストとは言えない可能性が否めません。

グッドこうした中長期的な事業展開とリスク回避の双方を視野に入れる時、自ずと浮上するのがレンタルサービスの活用という選択肢です。その時々に必要とされる機能を備えた機種を選択からの常備が叶う、何より初期投資額が抑えられるなどのメリットは、営利目的で稼働する施設にとって大きな魅力です。

メリットを見極める